骨董品買取とは

中国陶磁器

骨董品の収集家の間で根強い人気を保っているものに陶磁器のような焼き物があります。
もちろん日本やヨーロッパの陶磁器も人気があるのですが、中でも中国陶磁器の人気はとても高いです。

中国では紀元前7000年頃から土器が作られ始めたと言われており、その後進化を続けて宗の時代からは陶磁器は芸術として大きく発展しました。
中でも特に景徳鎮で焼かれたものは非常に高い人気を誇っています。

景徳鎮とは、中国の陶磁器のふるさと、ひいては世界の陶磁器のすべてのふるさとともいえる場所です。
シルクロードや海路を通じてヨーロッパに広がり、もちろん隣国である日本が憧れ、影響された陶磁器の原点。
良質の土と薪に恵まれた景徳鎮。
陶磁器の総称を英語でChinaというのはまさにこの土地があったからなのです。

中国では歴史が古い分、多くの骨董品が存在します。
その時代によっても価値が違いますし、人気によっても値段が大きく変わるのです。
骨董品の陶磁器も興味のない人からすれば、ただのそこらへんの焼き物と同じですが
それだけではない、時代や作者の背景があり、希少価値があり、良さがあるのです。
コレクターはそこに魅力を感じて収集します。

そんな人気の中国陶磁器は日本各地で骨董品買取が行われており、無料で査定してくれるお店もあります。
骨董品買取はお店によって価格に違いが出る場合があるので、ネットで調べるなどして信頼できる店を探してから頼むことが大切です。

骨董品ですから、現物を見ての査定が一番です。
ですから、詳しい鑑定士がいるお店かどうかを調べるといいでしょう。
正しい鑑定こそがスムーズで好条件な買取に繋がります。
ネットでどういった工芸品に強みを持った買取店なのか?
そういう特徴を調べるといいと思います。

開設日 某年某月某日
最終更新日 2016年1月16日